TOP
41.22score

夏子です

スポンサーKataribe

生活の一部となったウォーターサーバー

我が家がウォーターサーバーを導入したきっかけは、東日本大震災でした。地震が起こって水道が止まった時、ペットボトル飲料水を買い置きしていなくても、ウォーターサーバーがあれば数日間は水分に困りません。普段飲んでいる水が備蓄用の水も兼ねている、という安心感が欲しかったのです。
しかし、使ってみると、その便利さに驚きました。生活の中心となるローテーブルの近くにサーバーを設置しているので、水を飲みたいと思ったらすぐにコップに注いで飲むことができます。キッチンの水道に水を注ぎに行くよりも、冷蔵庫から冷えたペットボトルを取り出すよりも、断然早いです。健康志向の女性の間では白湯が流行していて、私も最近朝イチで飲むようにしているのですが、お湯も出るウォーターサーバーのおかげで、やかんや電気ポットでお湯を沸かす手間もなくなりました。冷たい水とお湯を混ぜて、飲む水を自分の好きな温度に調節することも可能です。
サーバーから出てくるお湯は沸騰してはいませんが、90度近い温度なので、そのお湯でインスタントスープやカップラーメンなども作れてしまいます。
今では、ウォーターサーバーのない生活が考えられないほどです。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2016-06-18 00:06

コメント (0)